製品紹介

膨張弁

Expansion Valve

   膨張弁とは、その名の通り冷凍機で凝縮された冷媒液を膨張気化させて、


低圧、低温にする弁。凝縮器で液化された高圧の液冷媒を、膨張弁で減圧


(液体から気体)させ、気化(蒸発)。蒸発器出口まで蒸発させるように調整をする弁。


主流サイズと致しましてはKE34(3/8×1/2)、KE56(5/8×3/4)、KE10101(1×1-1/8)


とございます。その他のサイズと致しましてはお問合せください。

20160309160920_1.jpg
ke_1.jpg