製品紹介

バルブ(止弁)

バルブ

「漏れない」「漏らさない」「長年使用出来る」を目標とし、

 

設立から現在に至るまで一貫した製品作りに心血を注いでいます。

 

取り扱いサイズと致しましては15A〜150Aまで承ります。

 

barubupicture.jpg
oogata2.jpg
80AS.jpg
50A.jpg


 

KC Series(15A 20A 25A)

kc4A_5.jpg

KCシリーズの特徴として、


1・軽量であること


現場での持ち運びが容易であることが、ご支持頂いている理由の一つともなっております。


2・狭い配管現場でこそ力を発揮


弊社の15A・20A・25Aバルブは、狭いスペースでも無理なく取り付け可能です。

もちろんアンモニア冷媒や新冷媒にも対応しており、ご安心してお使いいただけます。


3・リーズナブル


単品はもちろんのこと、多ロットにも対応できるよう、日々製作を行っております。

製品価格におきましても、是非ご相談下さい。可能な限り、ご対応させて頂きます。



       


 

KS Series(32A〜65A)

20160301173910.jpgKSシリーズの特徴として、


1・本体にSF440Aを使用


 SF440A(旧SF45A)は、炭素鋼鍛鋼品で鍛造もしくは圧延、またはその両方によって作られる
材料で、強度に優れます。厚みのある部材に適した素材であり、弊社はこちらを採用しています。


2・至急品も対応可


 「突如破損した」、「老朽化してきた」など、様々なお声をいただく中で、弊社としてできることは、よりよい品を素早く提供することです。可能な限りの最短納期を御見積致します。


3・シンプル設計


 「simple is best」

形あるものは変えず、大切に受け継いでいくことこそが私たちの明日に繋がっていきます。

無駄を省いたシンプル設計により、軽量化、部品交換のしやすさなどのメリットが存在し、

お客様の立場になって作られています。


 

KP Series(80A〜150A)

CIMG0455.JPGKPシリーズの特徴として、


1・本体、接続管にSTPG370Sを使用


 圧力配管用炭素鋼鋼管。比較的高い圧力の流体用として最適な素材です。

使用温度は、−15℃〜350℃程度。(弊社設計温度は−50℃〜150℃です)

−15℃以下でご使用になられる場合はご相談下さい。STPL管をご用意できます。


2・安心、安全の溶接3層盛り


 溶接部からの劣化防止、損傷予防はもちろんのこと、バルブの形状を考慮したうえで、

弊社は3層盛りを推進しております。NK資格保有者の溶接職人が、手間を惜しまず

1層1層丁寧に盛っています。


3・使い勝手の良さで支持


 「KC型、KS型同様に、KP型も扱いやすいね」とご好評いただいております。

もちろん中身部品の交換のみでも承っております。

協和鉄工所の製品は、全てお客様の立場になって設計されています。